雨天決行!気がつけば垂直落下!?の巻


今回は靴屋閣下と合い積みで千葉県某所へ。
集合場所へは一番乗りでした。朝飯を二人で食べてると・・・。

OHIさん、カータンさん、OKAさん、KENちゃん、カンちゃん登場。

みなさん時間前に集合です。よくよく見れば濃いメンバーが揃ったって感じ。
メンバーを見渡した瞬間から、今日のルートはこってりに間違いないと感じました(笑)。

予想通り新規ルート開拓ってことになり、ルートも天気もメンバーも怪しさ満点だ!


「あらら・・早速雨が降り出しました。」


ちょっと待ってみたけど全く止む気配がありません。
つーことで容赦なく出発になります。

「大丈夫、大丈夫、絶対止むよ。」
<<全く根拠の無いOHI語録>>より抜粋。


道は雨でちゅるちゅる状態、ちょっとしたステアも難儀します。


こんなに良い道があるのにわざわざ迂回していたのでした(笑)。

「大丈夫、大丈夫、だって近いじゃん。」
<<全く根拠の無いOHI語録>>より抜粋。


ここも乾いていればなんてこと無いんだけど、今日はホントに良く滑る。


出た〜!!雨でしっとりすべすべの丸太橋!!
片側はスパッと切り立った崖になってます。
その写真を撮ろうと橋の上で止まった瞬間悲劇は起こりました。

メキメキッ!バリバリッ!


さっきまで居たはずの丸太橋ははるか彼方。
垂直落下してしまいました。しかも最後尾だったので誰も気づいていない?
確か落ちる瞬間、振り向いたカンちゃんと目が合ったような・・・。
幸い上に見える木においらはしがみついて身体は無事だったんですが、
しばし呆然としていましたが、すぐにみんな来てくれて引き上げ作業になりました。

人海戦術で無事引き上げ完了となりました。本当にありがとうございました!!


整備したばかりのKTMはフェンダーが木っ端微塵でなんかモタードみたい(涙)。

「大丈夫、大丈夫、さっ行こうか!」
<<全く根拠の無いOHI語録>>より抜粋。


雨足も強くなり、路面状況はツルピカール!
出発前にカンちゃん「俺、タイヤの山無いんだよね。」と言ってたからなぁ。


ありゃりゃ、今度はケンちゃんがヒルクライムでズリっとやってます。
雨もしっかり降ってきちゃって、重量級の450はちと大変!?
靴屋閣下はその間にしっかりラインチェックです。


一行はさらに奥へと探検です。右は崖になっています。
ハンドルがギリギリ通らない、いやらしいウッズセクションです。
とりあえず谷側に立って、てろてろ〜っと通します。
コンッとハンドルが枝に当たって谷側にズリッと押さてまた落ちそうになりました。


「ちょっと待って〜!」と奥の方から叫ぶ声。
メットを頭に乗せて黄昏れるケンちゃんです。
ウォォォォンと音だけが雨の中に聞こえてきます。

やはりこの先は通行不能という常識的判断でUターン。


雨もしっかり降っているので早々に撤収となりました。
温泉でゆっくりして旨い鍋で宴となりました。

参加したみなさん、お疲れ様でした。
引き上げありがとうございます!
靴屋閣下殿、帰りの運転ありがとうございました!

連休合宿があるから今日は軽〜くねと言ってたような気がしたんだけどな???
丸太橋がトラウマになりそうなおいらでした(笑)。